賃貸住まいをするのであれば、生活上からマナーを持った振る舞いをするのが、適切です。
コンテンツリスト
どんな生活がしたいですか?〜賃貸探しを始める前に考えよう〜
どんな生活がしたいですか?〜賃貸探しを始める前に考えよう〜

生活上の心得

人がたくさん集まれば、それだけ楽しい面もありますが、そうではないこともあります。
みんな仲良くというのは、理想でもありますが、現実はそうはいかないでしょう。
そのため、トラブルとなることも、確率としては大きくなります。
これは、当然、賃貸の集合住宅にも当てはまることでしょう。
複数の世帯が、同一敷地を分割しながら生活しているようなものであり、天井や床、壁を隔てた向こうには、別な家庭があります。
そのため、知らないうちに迷惑を掛け、知らないうちに憎まれる、というケースもあるようです。
ひどい場合には、ニュースでも取り上げられるような事件となります。
有効利用の少ない日本であれば、集合住宅が増えてしまうことは、当然でもありますが、そうであるからこそ、トラブルも起きやすいのでしょう。
入居者同士であれば、典型的なのが、騒音です。
ドアの開閉音、足音、人声などが代表的なものです。
しかし、音の場合、環境省などからレベルが提示されていますが、それが絶対ではないようです。
人によっては、小声であっても耳に入るとイライラすることもあります。
非常に主観的なものであり、トラブルとなれば、解決も難しいようです。
裁判になっても、同様なことが言えるようです。
したがって、大事なことは、生活からマナーを持った振る舞いをすることになるのでしょう。
ただし、騒音については。
集合住宅のみの問題ではないようです。
戸建てであっても、周囲の環境次第で、騒音問題が起こるようになります。

注目の情報