今の時代であれば、ペットを飼える賃貸物件も、数多くあると思います。
コンテンツリスト
どんな生活がしたいですか?〜賃貸探しを始める前に考えよう〜
どんな生活がしたいですか?〜賃貸探しを始める前に考えよう〜

ペットを飼う場合に

現在、ペットブームと言われる世の中です。
多くの人が犬や猫などを飼い、少子高齢化もあいまって、自分の子供の代わりのようにしている人も多いようです。
もともと犬も猫も、日本でもお馴染みのペットであり、一般の人でも、飼いやすい面があるのでしょう。
そういう世相を反映しているのでしょう。
今では、ペットを飼える賃貸物件が増えています。
かつてのように、古い物件に限られている訳ではなく、新築物件でも可能なようです。
しかも、集合住宅でもペットが飼えるものが増えているようで、これもまた、時代の流れなのでしょう。
そういうペットが飼える賃貸物件を見つけるには、補則事項などで、ペット可あるいはペット相談となっているものを選ぶべきです。
中には、小型犬のみなどの限定条項などもあります。
さらには、ペット面談というものがあります。
これは、申請通りのペットであるのかを確認することと同時に、ペットが人に危害を加えないかも確認されるようです。
特に犬であれば、知らない人に対し、やたらに吠えないか、あるいは、噛みつかないかなどが、オーナーや不動産管理会社によって、判断されるようです。
仮に、それで不可となれば、入居ができなくなることは、当然のことです。
また、ペットが飼えると言っても、敷金は高めの傾向です。
かつて、ペットが厳禁であった時代は、ペットがいると部屋を汚したり、傷つける度合いが大きいなどが、大きな理由となっていました。
今でも、オーナーなどからすれば、そういう思いがあるようで、敷金が高いのは、そのためでもあるようです。
一般的には、一ないしは二か月分増えると思っていた方が、適切かもしれません。