賃貸の新居を決めたのであれば、自力や業者依頼かで、引越しをします。
コンテンツリスト
どんな生活がしたいですか?〜賃貸探しを始める前に考えよう〜
どんな生活がしたいですか?〜賃貸探しを始める前に考えよう〜

自力か業者かの選択

新しい住まいを決めたとしても、それですべてが終わりではありません。
もっとも、大変なものと言えるのが、引越しになります。
むろん、賃貸物件でも、引越しが必要であり、なかなか住まいを変えたくないのは、資金の問題と共に、引越しがあることも、確かなことかもしれません。
仮に引っ越しを安く済ませるのであれば、自力で行うことです。
荷物次第でしょうが、数人の友人や知人に頼み、レンタカーを借り、移動します。
もっとも安くするには、レンタカー代と作業してくれた人へのお礼です。
荷物の梱包は、近所のスーパーなどから段ボールもらって来れば、無料で済むと言えます。
もしかしたら、一万円掛かるか掛からないかで、済ますことも可能でしょう。
しかし、自力で行うためには、それなりの覚悟が必要であり、なおかつ、もしもの際に補償が効きません。
さらには、ピアノなどがあれば、安く済ませられるとしても、ピアノを傷つけてしまう可能性があります。
そのため、多くの人は、自力よりも業者に依頼することを選択しているようです。
荷造りや荷解きのサービスなどをしているところもあり、作業が面倒な人にとっては、大変ありがたいことでしょう。
ただし、業者に依頼するのであれば、どうしても費用が掛かってしまいます。
インターネットの一括見積サービスなどで、目安を立て、正式な見積もり依頼をし、できるだけ安くすることも可能なようです。
また、不動産屋経由で紹介してもらえば、割引が効くこともあるようです。