賃貸物件を利用するには、保証人を立てる必要があり、今では代行会社もありそうです。
コンテンツリスト
どんな生活がしたいですか?〜賃貸探しを始める前に考えよう〜
どんな生活がしたいですか?〜賃貸探しを始める前に考えよう〜

保証についてもチェック

日本の法律では、保証制度が認められています。
この場合の保証とは、担保の一種であり、もしもの際に、お金を貸した人などが、保証した人に対し、請求などができるものです。
担保には、人的と物的がありますが、保証人とは、人的担保を意味します。
賃貸においても、保証制度が利用されています。
賃借人が家賃を滞納し続けたり、あるいは、支払不能などになった場合、代わりに家賃の支払いを請求できるためです。
しかも、当事者本人と連帯した債務を負うことになる連帯保証人を付けるようになるのが一般的です。
連帯保証の場合、請求を拒むことができないため、賃貸人としては、より確実に家賃を受け取れると考えられるからでしょう。
しかし、今の時代には、連帯保証人ばかりでなく、保証代行会社を利用する人がいます。
これは、連帯保証を会社が行うものです。
人よりも会社であるので、賃貸人としては、なお一層、確実に家賃が受け取れると考える傾向があります。
このため、保証代行会社を通さなくては、入居ができない物件もあります。
もちろん、賃借人が自分で選ぶこともできますが、連帯保証人を頼める人がいない人にとっては、有意義なものでしょう。
しかし、連帯保証の代行は、クレジットのようなもので、必ず信用審査のようなものが行われます。
入居審査と合わせれば、二重の審査となり、それもまた、苦に感じることがあるかもしれません。
なお、保証代行会社を利用した場合、保証金が発生します。
賃貸物件によって、価格が変わって来るようです。
これもまた、契約時の費用となります。

注目の情報

  • 為什麼在將強制險做解約時退回來的錢好像比當初在簽約時的金額還要少?